エージェントとの面談が終わり、更に様々情報収集をすることにより、希望の求人がいくつか見つかったと思います。次のステップは「職歴書の作成」です。これが書類審査に繋がりますので、慎重に内容を吟味して記載しましょう。本章からは、職歴書を書く上でどんな内容を書けば良いか?を具体例を交えご紹介いたします。

■職務経歴書の目的とは?

そもそも、何故職歴書を書くかという目的を理解しておきましょう。結論から言うと、職歴書は企業によって意味合いが違うため、一概に目的は言えません。

会社によっては、膨大な転職希望者の中から中途採用担当者は職歴書のみで面接をするか否かを判断しなくてはいけません。そんな会社は「今までの経歴で○○の経験があるかどうか」などのように、判断基準を絞って職歴書のチェックを行う事もあります。

一方、職種が定まっていない場合や、まだ社会人経験が少ない第二新卒を採用する場合などは、「○○のような成功体験をしている」など、その人の「意志」や「軸」などモチベーション要素を重視する会社もあります。

大事なことは、繰り返していますが「軸をブラさないこと」。そして、企業によってその軸で強調するポイントを変えるという事です。

■職歴書作成前の準備

そもそも軸を思考している前提ですので、ある程度は自分の経験に結び付けて書くことは可能だと思います。ただ、経歴を書くためにキチンと過去を振り返る必要があります。例えば営業などの職種の場合、営業成績や受賞歴を記載する事があるのですが、数字をしっかり記載できるように整理しておきましょう。

職歴書を見る人は、当然社外の人間なので「○○営業部 部門賞受賞」と記載があっても分かりません。「何の営業でどのくらいの数を売ったのか」をキチンと把握しておきましょう。それを「成功体験」などの時に登場させ、受賞歴と繋げる事が出来れば、読み手側は分かり易いです。

■職務内容、仕事内容記載の注意点

書くときの注意点は「誰に」「何を」です。例えば不動産の販売であれば、売っていた物は「分譲マンション」なのか、「一戸建て」なのか、「投資用不動産」なのか、これらの詳細を記載しましょう。そして、それらは「一般の方」を対象にしたのか、「法人」を相手にしたのかもキチンと記載しましょう。

読み手としては、同じ商品でも「誰に」「何を」したかによって経験が違ってきます。法人経験が豊富なのか、個人の経験が豊富なのか、金額が大きいものなのか、小さいものなのかで、求める人物像を更に精査できます。例えば「REIT関係の職に就いて欲しい」と思っている企業であれば、当然「法人」相手で「投資用不動産」の営業をしていた人物の方が、求める人物像に近い方が多いです。

■自分らしい成果を挙げた事をPR

今までの仕事を通じて、新しい試みをしたことを記載すると良いです。その内容は社内に対してでも社外に対してでも構いません。

例えば不動産ディベロッパーに従事していて「新しく分譲マンションにコミュニティサイトを導入した」やIT関係の会社に従事しており「新しいシステムを学ぶ勉強会の開催をした」などです。

自分が新しく何かを会社に対して試みた経験はどの会社でも強みになります。その強みがある人は、どの環境に行っても、自分で考え行動する力が備わっているからです。

■自身の責任感をアピールする場合

どの会社も「責任感のある人」の評価は当然高いです。仕事を通じて自分の責任感を読み手にアピールするという事を意識してください。例えば「営業成績が良く表彰された」という内容ではなく「部の目標数字を自分が達成するという意気込みで最後の追い上げをした。具体的には、顧客を一軒一軒粘り強く周り、締め日ギリギリで目標数字を計上し、部の目標を達成できた。」など、個人ではなく、会社や部全体の成績を考え何をしたか?を相手に伝えましょう。