前章に引き続き面接に臨む前に準備しておくことと、認識しておくことについてご説明いたします。

■当日の服装について

こちらも「学生ではないのだから・・」と思われる方もいらっしゃると思いますが、会社の風土によって服装の基準は全然違いますので、今一度理解しておきましょう。

男性はスーツ着用、女性は最低限ジャケットを着ていくのがベターです。先方から「私服で結構です」などの指定があれば勿論私服で良いですが、男性であればカジュアルなブレザースタイルやチノパン&ジャケットスタイルなどは避けましょう。

クールビズの期間であってもスーツ&ネクタイのスタイルで行きましょう。クールビズはあくまで「社内で奨励」している取り組みになり、外部は関係のない事だからです。アパレル関係や、マスコミ関係など、普段私服もしくはカジュアルなスタイルで仕事をする業界でない限りは、クールビズ期間中であっても、スーツ&ネクタイスタイルで行くのが無難です。

またスーツについては紺系の色が良いでしょう。多少のストライプなどはあっても良いと思いますが、太いストライプや模様のあるスーツは避けましょう。後述しますが、スーツというものは「ファッションとして魅せる」ものではないからです。

■服装についての細かい事項

この項は、服装について非常に細かい箇所をご紹介します。ほとんどの会社はここまで求めないと思いますが、「ご年配の方を接客する業界」や「国や地方自治体など、取引先が堅い相手」の場合には念のため注意しておきましょう。女性の服装については、ダークなジャケットスタイルであれば問題ないので、主に男性の服装の話です。

・ボタンダウンのワイシャツについて

襟元をボタンで留めるワイシャツを着ている方も多いのではないでしょうか。ネクタイも綺麗に収まり、襟元がだらしなくならないので、見栄えは良いです。しかし、ボタンダウンのワイシャツは、正確に言うと「カジュアル」な格好になります。正式な会合の場などには相応しくない服装なので、認識しておきましょう。但し、ボタンダウンでないワイシャツは、襟元がしっかりしているワイシャツを着用しましょう。

・ワイシャツのポケットとボタンの色など

ワイシャツの胸ポケットは無い方がベターです。理由は、ワイシャツというものは重たくなく軽く見せたいので、そもそも胸ポケットに物を入れておくのは決して印象の良いものではないからです。つまり、そもそも胸ポケットは不要なものなのです。(実際は携帯を入れていたりと便利ではありますが、ワイシャツ発祥時の考え方という意味合いです。)

同じ理由でワイシャツのボタンの色も、そのワイシャツの色に合わせた方がベストです。ワイシャツの色は白か薄いブルーがフォーマルなので、ボタンも透明なものが良いでしょう。ワイシャツやスーツは「ファッションで魅せるもの」という服ではありません。ボタンの色やシャツの色で周りにアピールする必要がないというのが理由です。

同じ理由でカフスなども避けたほうが賢明でしょう。

・ボタンの材質

これもまた細かい点ですが、ボタンの材質は貝殻の方が良いです。プラスチックのものはクリーニングで破損しやすいので貝殻のものが一般的には「良い」とされています。見分け方は簡単で、ボタンの裏側に貝殻の模様があるかどうかで判断できます。

■注意点

今回は服装についてお話をしました。「服装についての良くある間違い」については、繰り返しますが、大体の企業はここまで求めません。むしろ、ファッション業界などはこれに該当しないので、ケースバイケースと思ってください。

しかし、稀に服装などを気にする担当者もいらっしゃいますので、これらに注意をした方がベターだとは思います。これらに全て該当するワイシャツを持っていない方は1着くらい買っておいた方が良いかも知れません。