さて、いよいよ条件交渉も終わり、後は退職するだけです。別の章でもお話しをしましたが、会社にとって社員が辞めると言う事は非常に大きな損失になるのです。トラブルなく円満退社できるよう努めましょう。

■上司へ報告するタイミング

これは非常に難しい問題ですが、基本的には完全に転職先が決まってからが良いでしょう。別の章でも申し上げましたが転職活動をしている事が会社に知られて、基本的にあなたにプラスになることはありません。更に、思いもよらない異動など転職活動をしていることが知られたことによるマイナスも0ではないので気を付けましょう。

■例外

但し、現在のプロジェクトや、取り掛かっている仕事が長期のものであったり、自分の代えを社内で補完するのが困難であったりする場合、且つ転職先の企業から早急な転職を求められている時には、早めに上司に伝えておいた方が良いでしょう。今いる会社にとってもあなたの代わりを探すことは非常に大変な人員配置になり、自分の希望日で辞めるのが難しい状況になるからです。先述の通り、転職活動をしていることが会社に知られることは良い事ではありませんが、スムーズに退社出来ない事の方が面倒な事になりますので、こういう場合は早めに伝えておいてスムーズに退社出来ることを優先させましょう。

■下準備をしておく

あなたの仕事が、担当企業がありその企業に対して継続的に営業活動を行う仕事であれば、特に下準備が必要です。相手側に「担当が変わってやりにくくなった」と思われては、会社の評判を下げる事になります。相手のキーマンは誰なのか、どういう性格なのか、現在進行中の仕事はあるのか、今後どんな営業を仕掛けていく予定か、等詳細をまとめておきましょう。引き継ぎの時にはその資料をもって相手に説明できるようにしておきましょう。

また、担当企業を受け持つ営業などではなく内勤の場合でも同じです。社内ルールや、自分の仕事がどの段階まで終わっていて、次何をしなくてはいけないのか。そして、引き継いだ人がスムーズに仕事に取り掛かれるように、出来ればマニュアルも作っておくと親切です。

とにかく、あなたがいなくなっても会社が円滑に回るよう少しずつ準備をしておきましょう。社会人の皆さんならお分かりいただけると思いますが、この作業を1日で行うのは不可能です。時間をかけて1ヵ月程度前から取り掛かるようにしましょう。

■繋がりは大切に

退職することが会社で公になった時はお世話になった人へ挨拶へ行きましょう。社内メールでの挨拶もあると思いますが、小さいメモ用紙程度で良いので、次の会社名と事業内容、そしてプライベートの連絡先を記載したものを相手に渡しましょう。会社で培ったあなたの人脈は財産です。会社にいる時には気づきにくいですが、周りとのつながりは非常に大事な武器になります。勿論、次の会社で仕事として繋がるときもありますし、また転職した先で繋がることもあります。仕事とプライベートで作り上げた関係は非常に強固なものですので、大切にしましょう。

諸々の事情があり次の転職先などを公に言う事が出来ない場合にはこの限りではありません。

■まとめ

いかがでしたでしょうか。「自分が何をしたいのか」を探るところから、退職する際の注意点まで、転職について一通りのご説明は終わりました。繰り返しになりますが、大事な事を再度申し上げます。

転職する時に一番大切なことは「自分の軸」を知ること。軸とは「なりたい自分」であり、それをもう一度見つめなおし言語化する事が大切です。そしてキチンと情報収集を行い、転職エージェントと二人三脚で面接対策などをすることが大切です。

転職活動をする際に念頭に置いて欲しいことは、社員が転職すると言う事は会社にとって大きな損失であるという事です。転職活動をすることが罪な事であると申し上げているワケではなく、だからこそ転職先の会社も本気で決めなくてはいけませんし、辞める会社にも筋を通して辞める必要があります

今までお話した事全て行動に移して頂ければ、あなたの転職は成功へと近づくはずです。なりたい自分になるためベストな転職を出来る事を信じております。