前項までは「面接について」をお話しました。面接という大きな枠組みの中での注意すべき点と、主な質問に対してのまとめをしてきました。この章ではその他の面接に付随する注意点をお話したいと思います。

■最終面接について

最終面接の意味合いは企業によって違いますが、新卒の時のような「一応社長や役員に会わせておく」という形式だけのケースは少なく、キチンと審査をする事が多いです。最終面接では、前章までで話をした「志望動機」や「今までどんな仕事をしてきたか?」という、1次面接や2次面接と同じような質問も多いですが、最終面接ではどちらかという「人物」を見られるケースが多いです。

例えば「入社後どういう事をしたいか?」という質問は、「その人が何を大事に仕事をして、何をモチベーションに仕事に励むのか。それは自分の企業の雰囲気や方針と合うのか」、という点を見ます。ここまでであれば通常の面接と変わりませんが、最終面接は人事責任者や役員クラスの方が実施するケースが多いので、その方が思う「未来の企業を担える人物か」という基準が加わってきます。つまり、もっと高い視点でジャッジをされるという事です。

ここで大事なポイントは「企業理念」であり、「企業が大事にしている風土」です。別の章でも申し上げましたが、「企業理念」は「創業からの想い」を反映しているケースが多いです。つまり、企業理念こそが企業が目指したい社風であり、残したいDNAでもあるのです。最終面接の前に企業理念をもう一度見返しましょう。そして、自分の軸と企業理念を改めて繋げて言語化しておきましょう。

■面接後のお礼について

良く聞かれるご質問に、「面接後のお礼はするべきでしょうか?」という内容があります。結論としては「名刺を貰ったらお礼メールをする方がベター」という回答です。特段しなくても問題ありませんし、メールの内容も「本日は(昨日は)ありがとうございました。」程度の簡単なお礼メールで良いです。一応名刺はもらったので礼儀としてお礼のメールを送る程度の考えで結構です。名刺の交換をしなければ特にお礼を不要です。

稀にお礼をするために代表電話にかけ、担当者につなぐ方もいらっしゃいますが、それは避けましょう。採用担当者は時期によっては1日に何度も面接をします。その方々からいちいち電話のお礼が来ては業務に支障がきたすからです。そのような事は「他人への想像力が欠けている」と思われる場合があります。

■面接後のFB(フィーバック)について

面接後はエージェントに必ずFBしてもらうようにしましょう。出来れば、面接が終わり次第電話をして、面接での質問内容や回答をエージェントに伝えておくと良いでしょう。企業にもよりますが、大抵の場合、合否の連絡を企業からエージェントにする際、合否の理由も一緒にFBされます。例えば「今回募集している人物像と合わなかったため見送らせて頂きます」のような返答です。

この場合、エージェントに対して、事前に質問内容と、どう回答したかを伝えておけば、エージェント側から企業に深く理由を聞けるかもしれません。もし、深く理由を聞ける機会がなかったとしても、エージェントからのあなたへのFBの際「希望職種の質問をされた時に、○○という回答をしたと思いますが、これの返答の仕方が悪かったかもしれません。次回からは○○というような回答に変えた方が良いです。」などの具体的アドバイスをもらえます。

もし合格している場合でもFBは重要です。「自分の意志がはっきりしていた。」「転職理由が明確であった」など評価を受けた部分に関しては、次回の面接の際にも同じような返答して構いません。しかし、「少々質問の軸がブレる事があった」などネガティブな意見も中にはありますので、そのFBを受けた上で「言い方を変える」なり「内容を変える」という修正作業が必要になります。