前章までお伝えしてきました「面接について」の最後の章になります。

■逆質問に対して

ほぼ全ての会社が最後に「何か質問はございますか?」という話をします。単純に質問があったらして欲しいという気持ちもありますし、ここで質問をする内容によって「意欲」や「質問力」を見たいという意図があります。

意識して欲しいポイントは、ここでも同じで「軸」についてです。もし、面接の過程でうまく「なりたい自分(軸)」を伝えられていないと思ったら、ここが最後のチャンスです。例えば、「私は○○という人間になりたいと思っていますが、御社で働く人はどんな思いで仕事をしている方が多いですか?」というような質問を投げかけましょう。会話の流れによっては、もう一度自分の軸を話すチャンスが訪れるかもしれません。

そして、待遇面を含めて、気になる点は必ず確認しておきましょう。「年収」や「勤務地」などの、一見聞きにくいと思われる点についても同じです。勿論それだけが入社動機ではないという事が伝わっているという前提ですが、「転勤はNG」と言う事が、何かの理由によって明確に決まっているのであれば質問をするべきです。結局曖昧にしたまま入社し、転勤が頻繁にある事が分かれば、大きな「入社後ギャップ」が生まれてしまいます。理由と会社の状況によっては待遇を加味してくれる可能性もあります。

但し、大きな理由がない限りはこちらから要望を言いすぎのは避けましょう。当然、入社希望者が複数いた場合には待遇面でマッチしている方の方が採用し易いので、勤務地や年収、福利厚生の希望が多すぎると、比較した時に不合格になりやすいからです。他にも、このような希望が多すぎると、「入社後この制度が変わったらギャップが生まれる・・・」というような、入社後ギャップによる退社懸念が生まれてくるからです。

■これまでのまとめ

いかがでしたでしょうか?軸をしっかり考えていた方には、もしかしすると簡単な事であったかもしれません。しかし、質問によってその軸を「どう伝えるか?」というのは案外難しいものです。自分の考えをまとめる事が「軸を作る(探す)」ことだとすると、職歴書は「軸を言語化する」ことであり、面接は「軸を表現する事」と捉えると分かり易いかもしれません。職歴書では字にすることで相手に伝えますが、面接はそれを自分の口から発し、表現する事で相手に伝えます。その「表現」というのが中々難しい作業です。何故なら字ではなく、相手と言葉で交わすので、相手によって「何を」「どのくらい」伝えれば良いかの正解はないからです。

大体陥りがちなケースは「話をしすぎ」というケースです。逆の「話が短くて伝わらない」というケースは、言い換えると「軸がしっかりしていないので話すことがない」というケースが多いので、皆さんにはあまり関係のない事になります。私が何度も「端的に」と申し上げているのは、どうしても「伝えたい事が多すぎて」話しすぎになる傾向があるからです。ポイントは「相手の反応を待つ」事です。相手は大抵人事部の採用課に属している方が多いです。つまり、今まで何人もの転職希望者や新卒の就活生と面接をしている経験があるので、質問によって聞きたい事が感覚的に理解している方が多いです。そうなってくると「少し言葉足らずだったのかな」くらいの回答の方が、相手も「何故そう思うか?」や「具体的にどんな事をしましたか?」のような次の質問に展開しやすいのです。

自分の軸さえはっきりしていれば、大抵の質問には答えられます。その答えを「少しずつ話す」事を意識し、会話のキャッチボールを端的に行いましょう。それでも最後に話足りない事があれば、逆質問の際話をすれば良いのです。